それぞれの道灌祭り

こんばんは^^

さて、土日の連休もいよいよ残り僅かな時間帯となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか???

この連休は両日共にたくさんのお客様にご来店いただくことができ、胸を撫で下ろしているところでございます。

なぜかといえば10月の13日と14日は伊勢原駅周辺において、市内最大のイベントである「伊勢原観光 道灌まつり」が催されたためでございます。

室町時代の戦国武将である太田道灌の名を冠したこのお祭りですが、そのルーツは太田道灌が伊勢原市にてその生涯を終えたことに因んでおります。

温泉での暗殺ということですので、鎮魂祭になるのでしょうか・・・まぁ現実は伊勢原の観光価値を高める目的といったところなのでしょう。

その道灌祭りも今年で45回とのこと。僕が産まれる随分と前から伊勢原市の人達に欠かせない、娯楽であり、商業活動の場であり、地元愛を高めるための場として活躍してきたわけでございます^^

伊勢原で育った僕自身も当然ながら幾度と無く訪れ、幼少期には毎年心待ちにしていたものでございます。

ここ10年ほどは職業柄訪れることが叶っておりませんが、沢山の思い出がある大切なお祭りでございます。

小さい頃に両親に手を引かれながら見上げるように歩いた道灌祭り。

少年時代に友人たちとワクワクしながら歩いた道灌祭り。

青年時代にちょっと背伸びして格好つけて歩いた道灌祭り。

・・・どれも良い思い出です^^

今年は地元に戻ったこともあり、少しお祭りを感じるエピソードもございました♪

ひとつは友人やスタッフの兄弟がお祭りに行く事の叶わない僕らのために、屋台の味を届けてくれたこと。

当然ながらあの味は祭りの喧騒の中で味わうのが最高でございます。

ですが、そうした暖かい気持ちがスパイスされたたこ焼きや焼き鳥も、決して劣るものではございません^^

そして、もうひとつは僕の愛する甥っ子が道灌祭りデビューを遂げたとのこと(笑)

きっと人の多さと祭りの喧騒に圧倒されていたことでしょう^^

人の形がそれぞれであるように、お祭りを感じる心やエピソードも様々なのでしょう。

今年の道灌祭りも誰かにとって大切な思い出になるに違いません。

そんな愛すべき道灌祭り、いつまでも伊勢原市と伊勢原市民とともにここにある続けて欲しいと願う限りです。

そして・・・いつかまた行きたいなと少しばかり思う次第です^^

・・・どうやら愛甲石田の方々はあまり道灌祭りには訪れていない模様です(Donna Leeにご来店いただいたお客様にも開催していることをご存じない方が多数いらっしゃいました)。

広報活動ももう少し頑張る必要があるかもしれませんね(笑)

それでは、本日はこの辺で・・・。

皆様、良い夜を!

Donna Lee 渡部