イン・ア・センチメンタルムード

こんばんは^^

日中は晴れ間も見えた月曜日ではありますが、夜になり随分と冷え込んで参りました。予報では伊勢原近辺も雪が降るかも知れないとのこと。

自転車組の僕としては積雪までしないことを願うばかりです。

交通機関を狂わせ、日常生活の妨げになる雪ですが、眺めている分には本当に美しいものだと思えます^^

日中は山々を美しく化粧し、夜になれば街頭との素晴らしい競演を魅せてくれます。

静かな夜に深々と降り積もる雪を眺める時に、無性に聴きたくなるナンバーがあります。

Michel Petrucciani(ミシェル・ペトルチアーニ)の弾く「IN A SENTIMENTAL MOOD」です♪

このイン・ア・センチメンタルムードというナンバーは偉大なるピアニスト、オーケストラリーダーである「デューク・エリントン」が母親の死という悲しみの中で書いたと言われ、今ではジャズの定番ともなっている美しいバラードです。

故に多くのアーティストが様々な特徴を出した演奏をしているのですが、中でも僕はペトルチアーニのピアノで奏でられるものが大好きです^^

生まれつき骨形成不全症という障害を背負っていながら、フランス最高のジャズ・ピアニストと呼ばれたペトルチアーニ。彼の天才的な技巧と表現力で生み出されたイン・ア・センチメンタルムードは、優しくて切なく、そして雪を彷彿させるような儚さを感じさせてくれます。

興味のある方には是非聴いてもらいたい一曲です♪

「パワー・オブ・スリー」というモントレー・ジャズフェスティバルでのライブ録音のアルバムに収録されており、他の曲も名曲ばかりです!

僕も今夜雪が降るならば・・・外の景色を眺めながら聴こうかなと思います^^

それでは、本日はこの辺で・・・。

皆様の夜が心地よいものでありますように!

Donna Lee 渡部