一つのピースに思うこと

こんばんは^^

さて、花の金曜日でございます♪

本日のDonna Leeは日中を中心に賑やかな時間を作ることができ、明日からの土日の連休に大いに期待が持てる一日だったかなと^^

10月初めての土日になりますし、勢いをつける意味でもバッチリ賑やかな時間を作って行きたいところでございます!

さて、本日になり気がついたことなのですが、Donna Leeのビルの入り口に置かせていただいております置き看板の「木製切り文字」が数カ所無くなってしまっておりました。

恐らくは先日の台風の際に風で飛ばされてしまったのかと。

自然の力に敬意を表しながらも、欠けてしまえば困るものであるのもまた事実。

なかなか以前買いに行ったお店に買い出しに行く時間も作れないので、インターネット経由で作成依頼を出来るお店を探すことに致しました。

木製切り文字専門店で、オーダーメイドが可能なお店を見つけ、HPをみさせていただいたところ、手作業で小さいが故に精密な作業をされていることを改めて知ることが出来ました。

当たり前の事なのかも知れませんが、僕らが当然のように使っている商品の多くには、それを作った人が存在します。

それが今回のような職人によるハンドメイドのものであったり、細やかな設計のもとに機械によって作られたものである場合もあるでしょう。

そして、そのどちらにも作り手の労力や気持ちが詰まっている訳です。

それは広義で見れば僕らが皆様にヘアデザインを提供する事と同じとも言えるのかなと。

もちろん、全ての商品に驚嘆し、感動を覚えなければならないかというと、なかなかそうもいきません(笑)

ですが、どんな商品にもそれに携わり、それを生み出し、それを希望としている人がいる・・・そう思うと大切にしたいな、という気持ちが湧いて参ります^^

Donna Leeの看板も、オープン時に皆で作ったかなり思いれのある看板でございます。

その看板を形作る一つのピース。役目を終えてくれた切り文字に感謝をし、新たなる歴史となってくれる切り文字に期待し、大切にしていきたいなと思う次第でございます^^

それでは、本日はこの辺で・・・。

皆様、良い夜を!

Donna Lee 渡部