七夕伝説に思う事

こんばんは^^

さて、週末土曜日でございます♪

そして・・・7月7日、七夕でございます^^

技芸の上達を祈る祭である乞巧奠にまつわるとも言われる七夕のご利益があったのか、本日は大賑わいでございました!

空模様は残念ながら雨模様でございましたが、織姫と夏彦は出会えたのでしょうか?

日中に晴れ間も少々ございましたので、一年ぶりの再会を果たせたと思いたいところです^^

七夕伝説ではお互いに盲目的になってしまった二人が怠惰になってしまったため、天帝に改心を促されるために引き離されたと言われております。

恋は盲目とも言いますし、周りが見えないほどに何かにのめり込むことは、時に周囲に悪影響を与えてしまうこともあるのでしょう。

恋だけにあらず、仕事や趣味など様々なことにも当てはまるようにも思えます。

反面、盲目的になるほど何かに打ち込む事は、時に大きな力となり、自身の想像し得る以上の力を発揮できたりもするように思えます。

僕自身、特に仕事面ではやはりとことん打ち込んだ時に大きく伸びたようにも感じますし、そうした時があってこその今だとも思えます。

ですが、やはり人、もしくは七夕に当てはめれば夫婦といった一つのカテゴリーは、支えてくれている他者があって初めて成り立つものだと。

自分がのめり込むがゆえに他人に迷惑をかけたり、危惧を抱かせることはマイナスだとも思えます。

こうして30年余り生きてきて、ほんの少しですがそのバランスといったものの大切さがわかりかけてきたように思えます。

自分の中の100%のなかで、打ち込むべきものに7,8割ほど注力し、残りは周りを見る余力として残すこと・・・今はそれがベターかなと思っております^^

もちろんそのバランスはその時の状況によって変わりますし、そうした意味でも臨機応変な心を持てる余力は必要不可欠に感じます。

ただ・・・盲目的なまでに打ち込んでいる人をサポートしたい、こと教育などに関してはそうして視野が狭くなりがちな後進を導けたらなとも。

気持ちのバランスコントロールは本当に難しいです。

なればこそ、僕自身ももっとコントロール出来るように精進し、僕が経験してきたことはしっかりと伝えていきたいなとも思う次第です^^

ロマンチックな夜にちょいと堅苦しい話しになってしまいましたが・・・(笑)

明日は日曜日、また沢山の方の笑顔に出会えることに期待しつつ、本日のご挨拶とさせて頂きます^^

それでは皆様、良い夜を!

Donna Lee 渡部