人の心と宇宙と

こんばんは^^

さて水曜日、また新しいDonna Leeの一週間が始まりました♪

本日は一日通してお客様の途切れることのない、まずまずの賑やかな時間を過ごすことができ、幸先の良い一週間のスタートを切ることが出来たかなと^^

昨日には関東地方でも梅雨明けが発表されたようですし、夏真っ盛りも元気百倍で駆け抜けていきたいところです!

さて、そんな梅雨明けが叫ばれた昨日ですが、Donna Leeは火曜日の定休日をいただいており、僕も少々外出しておりました^^

目的は上野公園の西洋美術館と東京都美術館で開催中の美術展を観に行く事・・・だったのですが・・・。

迂闊でございました。

そう、月曜日は海の日で祭日。そのため普段月曜日が休館の施設は海の日に開館し、その次の日・・・つまり昨日は休館日となっていたのです。

幸い、行きの小田急線の中でその事実に気が付き、祭日後の火曜日でも開催しているイベントや施設はないかと計画の練り直し。

そして、今年の7月よりリニューアルされたプラネタリウムが評判の多摩六都科学館に白羽の矢を立てました♪

新宿から西武新宿線で花小金井まで25分ほど電車に乗り、そこからタクシーで・・・なかなかに遠いです(苦笑)

自宅を出たのが午後になってからでしたので、科学館に到着したのは15時過ぎ。

プラネタリウムの最終上映まであまり時間がありませんでしたので、残念ながらその他の展示は流し見程度になってしまいました。

ですが、目的はプラネタリウムと割り切り、サイエンスエッグという愛称を持つ大型のプラネタリウムドームに期待を膨らませます♪

1億4000万個もの星を投影できる恒星投影機と惑星投影機、そして4台の4K高精細プロジェクターが自慢のビッグスケールプラネタリウムドーム。

期待に違わぬ表現力で、宇宙へと連れて行ってくれました。

前半部では西東京から観える星空の解説。普段は見えない星々や星座を体験することができました。

特に天の川の表現は今までに見たことのないほど精密で美しく、未だ肉眼で捉えたことのない星々で作られた大河に思いを馳せることが出来ました。

そして後半は大型望遠鏡でしか見ることの出来ないはるか遠い銀河を、最新の映像で体験させてくれました。

多くの星が織りなす美しい宇宙の花。

生まれては滅び、そしてまた生まれる星々の営み。

長い長い時を刻んだその一つ一つの星が作り出した大きな大きな形。

その神秘的な大輪の花に心を奪われた次第でございます^^

僕らは地球という宇宙からみたらほんとうに小さな星に生きる、本当に小さな存在なのかも知れません。

でも、そんな小さな存在もはるか遠くの銀河を感じることが出来たわけです。

その計り知れない宇宙のスケールと魅力に引き込まれながらも、人間の知識欲と探究心にも大きな感動と刺激を貰えた気がします。

ふとどこかで聞いたことを思い出しました。

人の心と宇宙とどちらが広く深いのでしょうか?

どちらも計り知れなくて、故に魅力に溢れるもの。

答えようのないものの答えを探すこと程魅力的なものは無いのかも知れません。

そんな訳で、紆余曲折ながらも充実した休日を過ごすことが出来ました^^

この刺激を明日への探究心とし、さらなる充実した日々への糧にしていきたいところでございます♪

それでは、本日はこの辺で・・・。

皆様、良い夜を!

Donna Lee 渡部