人の手とテクノロジー

こんばんは^^

さて水曜日、Donna Leeの新しい一週間がまた始まりました♪

本日は平日ながらもお客さまの途切れることのない賑やかな時間を過ごすことができ、これから始まる一週間に大いに期待できる一日であったかなと^^

11月も残すところ10日を切って参りました。

明日からも元気全開の元気丸で駆け抜けたいところでございます!

さて、12月も目前に迫り、実は最近とても悩んでいることがございます。

ヒーターを新調しようかどうか・・・。

昨年より伊勢原に戻り、マンションと戸建住宅の寒さの違いを実感したのですが、昨年はバタバタしていたこともあり、なんとか実家にあった電気ストーブで凌いで冬を越しました。

が・・・やっぱり寒いです(苦笑)

目星をつけておりますのは、あのダイソンのエアマルチプライアー技術を駆使したファンヒーターでございます♪

回転する羽根や露出した発熱体が無い安心の構造で、冬はヒーター、夏は扇風機として断片的でないスムーズな送風を感じることの出来る優れものでございます^^

そして・・・デザインが格好良い!・・・実は一番の欲しい理由がこれだったり(笑)

難点はなかなかに高価であることと、騒音(ジェット機の技術から考案されているとのこと)、でしょうか。広い部屋には向かないという声は、僕の部屋の場合は問題ないかなと。

また、それらにも増して悩まされるポイントは、自分の部屋に居る時間が決して多くない・・・といったことです。Donna Leeに居る時間や外出している時間のほうが圧倒的に多いので・・・。

でも欲しい・・・でも本当に買うべきなのか・・・。

などと悩んでいる次第でございます。

こうした時は大抵スタッフに相談するのですが、みんな、特に大倉には「どうせ悩んだって結局買うんだからさっさと買って暖まればいいんですよ!(怒)」などと言われる次第でございます(苦笑)

まぁ、否定出来ないのが痛いところなのですが・・・。

ともあれ羽のないファンヒーター兼扇風機。いやはや技術の進歩というものは本当に大したものです。

何時ぞやのルンバを購入した際にも感じたことですが、こうした新しい技術というものは使い手が間違えずに、適した使い方を見つけることが出来れば、本当に素晴らしい相棒になるかと思います。

ただ、ルンバ然り、ダイソンのテクノロジー然り、当然ながら何もかもをカバーする事はまだまだ難しいです。言い方を変えれば人の力でできる(もちろんテクノロジーを発展させるのも人の手であるとも言えますが)事のほうが優れている事が多いのもまた事実です。

ふとした瞬間に思うことがございます。極端な話なのですが・・・。

すべての人が頭髪を無くし、毎日その日の気分によって違うデザインのウィッグを被って出掛ける。ロングウェーブになったりストレートボブにしたり・・・。

その発想がスタンダードになり、何の抵抗もなくなれば、決して無い話では無いようにも思えます。

では、そうならないのは何故か?

逆を返せば今はそうしたファッションウィッグがスタンダードで無いとも言えてしまいますが、僕は人がひとりひとりの個性として自毛をデザインすること、そして美容師という手仕事で作る職人の、プラスαの技を求めているからと信じております。

レストランでおまかせメニューを頼む心境と近いというか、自分のイメージ以上の何かをもたらしてくれる期待感。これは手仕事の醍醐味の一つと思えます。

少々話がずれてしまいましたが、望んだものを確実かつ正確にもたらすテクノロジーも、人の手という不確かが故に柔軟な発想のもとに成り立つものがもたらす可能性も。

どちらも人の世に欠かせない物なのではないでしょうか。

テクノロジーを使いこなしつつ、柔軟な発想で補っていく。

今日辿り着いた一つの答えでございます^^

と・・・いう訳で恐らくファンヒーターは購入してしまうかと思いますので、興味のある方にはDonna Leeにて感想をお話させていただきたいと思います(笑)

益々に冷え込みが厳しくなって参りました。どうぞ皆様風邪等にお気をつけ、ご自愛下さいませ^^

それでは、本日はこの辺で・・・。

皆様、良い夜を!

Donna Lee 渡部