個と公に思うこと

こんばんは^^

さて、週中木曜日でございます♪

月も後半ということもあり、平日ながらもぼちぼちの賑わう一日を過ごすことができ、残り2日のラストスパートに弾みがつく一日であったかなと^^

今月も初めてご来店いただく方と、複数回ご来店いただいている方のバランスも良くここまで来ることができておりますので、この調子で更なる賑やかなサロンを目指していきたいところです!

さて、本日は少々生々しい話になってしまうのですが、公共料金について少々。

Donna Leeが賑やかになるに連れ、当然ながら電気代、水道代、ガス代などといった公共料金の金額というのは高くなっていきます。

新しい機材を導入すればそれに伴いそうした部分でのランニングコストといったものは上昇していきます。

それをどのように感じるのか・・・これは店舗を持つ経営者はもちろん一般のご家庭に置きましても非常にデリケートな事と思います。

今でも記憶に新しい昨年の災害。

当時は電気を多く使用する店舗は問題視され、当然ながら美容室も自粛が求められました。

そして今年も昨年ほどではないにしろ電力に関しての問題は夏場になれば浮上してくるはずです。

水道などに関しても天候に左右される部分もありますし、ガスに関しても資源の問題から見れば安穏とはできず、実際単価は上昇しております。

では、こうして様々な公共料金が上昇し、資源不足が叫ばれる中、会社や家庭が撮るべきスタンスは?供給側の値上げに関して思うべき事は?・・・難しいです。

どのような分野に関してもその資源を提供することで生活している人がいて、その資源を使うことで生活している人がいることは確かです。

使われすぎれば枯渇し、使わなすぎれば経済的な悪影響も生じる・・・これにかぎらずですが、世の中というものは本当に微妙なバランスで成り立っているのだなと改めて感じます。

電力やガスに関しての値上げに関してはある程度は仕方ないと思う気持ちはあります。そして自粛すべき時は企業側の協力も当然大切だとは思います。

ただ、日本に限らず経済はお金が動くことで成り立ち、お金が動くからこそ世の中が成り立つことも事実でございます。

昨今の日本の情勢を考えれば経済的に活性化せざるを得ないのは誰の目にも明らかでしょう。

では、愛甲石田の一美容室ができることは何なのか。

恐らくは今年の夏は昨年以上にデリケートな判断が求められるのではないかと感じております。

一人ひとりが求める声と世の中が求める声、時に同じものであり時に真逆になるこの声を、その時々で嗅ぎ分ける事が求められるように感じております。

いつもながらに答えが明確で無いお話になってしまいましたが、個人という個として、経営者という公として、よくよく悩み考えていきたいところでございます^^

さて、明日は花の金曜日、また沢山の出会いがDonna Leeに溢れることに期待して・・・本日のご挨拶とさせていただきます♪

それでは皆様、良い夜を!

Donna Lee 渡部