暑くて熱い9日間

こんばんは^^

さて月曜日、DonnaLeeにとっての週末でございます♪

世間的なお盆休みも一段落をつけたようで、愛甲石田の街も普段の表情を取り戻して来た様に感じております。

お出掛けされる方が多いかなと少々不安ではあったのですが、連休の期間中も酷暑の中沢山のお客様にご来店いただく事ができ、感謝の気持ちで一杯でございます^^

8月もいよいよ後半、夏の終わりも近づいておりますが、全力で新しい季節に向けて駆け抜けていきたいところです!

さて、日本列島では相変わらずの猛暑が続いておりますが、海を越えた北の国でも熱い日々が続いておりました。

世界陸上モスクワ大会。

9日間に及ぶ熱闘は沢山の感動とともに昨日フィナーレを迎え、スポーツの素晴らしさを改めて感じさせてくれました^^

時差があるためテレビで観戦するとどうしても夜更かしになりがちでしたが、僕も連夜最高峰のアスリート達の才能と努力の結晶を観ては、大きな力を貰った様に思います。

勝者があればまた敗者もある、そうした厳しい世界で日々積み重ねたものを表現する選手達は皆美しく、歓喜の笑みも後悔の涙も輝いておりました。

僕自身学生の頃はサッカー少年でしたが、今はスポーツといえるものは殆ど触れておらず、身体もなまりきっております(苦笑)

ただ、スポーツ観戦するのはジャンル問わず大好きで、今回の世界陸上も自分の情けなさと選手達への尊敬の念を抱きつつ、大いにテレビの前で楽しませていただきました♪

体格で劣りながらも全力で世界でチャレンジしていく日本人選手達の姿には、挑んでいく強い気持ちを貰えました。

世界一を期待されながら違わぬ結果を実現させた選手。大きなプレッシャーのなかで後一歩夢に届かなかった選手・・・背負うという事の難しさ、それに打ち勝つ心の強さを見せて貰えました。

なかでも個人的に最も大きく心が震えたのは、女子棒高跳びのエレーナ・イシンバエワ選手の競技。

イシンバエワ選手は僕と同じ歳という事もあり、過去に行われたオリンピックや世界選手権などでも烏滸がましいと思いながらも親近感を感じながら応援しておりました。

女子選手では不可能とも言われていた5メートル超えの跳躍をし、幾度となく世界記録を更新して来た華々しい競技生活。

ですが近年はなかなか結果が出せず(オリンピックで銅メダルとかですから十分と言えば十分なのですが)引退もささやかれておりました。

今回の世界陸上は地元モスクワでの開催ということもあり大きなプレッシャーと、忍び寄る引退という文字との厳しい戦いであったかと思います。

そんななか金メダルを決め、弾けるような美しい笑顔を見せたイシンバエワ選手・・・目頭が熱くなった次第でございます。

気がつけば僕の年齢もスポーツ界ではベテランと言われ、衰えを指摘される様になりました。

そうしたなか、若手に負けじと強い輝きを放ち続けるアスリート達には、頭が下がる思いとともに大きな大きな勇気を貰えます。

そして、僕も負けてられないなと。

彼女達の様に力強く駆け、美しく跳び、人に感動を与える事は僕には出来ません。

でも、両手と鋏という僕の持つ相棒ならば、小さいけれども誰かに喜びを与える事ができるんじゃないかな・・・と。

そして、いつか誰かに勇気を分けてあげられる様になれればとも。

こうした前向きな気持ちをくれたアスリート達に感謝です♪そして次の大会にも大きく期待したいところでございます!

・・・熱い大会は終わりましたが、夏の暑さはもうしばらく続きそうです。皆様どうぞご自愛くださいませ。

それでは、本日はこの辺で・・・。

皆様、良い夜を!

DonnaLee 渡部