楽しいだけで満足すること無く

こんばんは^^

さて水曜日、Donna Leeの新しい一週間がまた始まりました♪

本日は昼下がりに静かな時間ができてしまったものの、まずまずに賑やかな一日を過ごすことができ、新しい一週間が楽しいものになる予感を感じる一日だったかなと♪

世の中も本格的に平常モードになって参りましたし、明日からも全開の元気丸で駆けていきたいところです!

さて、昨日は先日のブログにも書かせて頂いたように、盛り沢山な一日でございました♪

ただ、午前中の自転車の組立が予想以上に時間がかかってしまったために、美術館は上野ではなく三井記念美術館に変更でしたが・・・。

日本橋の三井本館にある三井記念美術館は、国の重要文化財に指定される非常に美しい建築物で、その場に足を運ぶだけでも意味があるとも思える位です。

僕も何度か訪れているのですが、入り口でもあり隣接する日本橋三井タワーとの好対照なギャップもあり、大好きな建物の一つでございます^^

今回の展示は「日本美術デザイン大辞展」です。

三井記念美術館が定期的に開催している「美術の遊びとこころ」という企画の第五弾である今回の展示は、「飛び出す美術事典」をテーマに、「色絵」や「牙彫」などといったような美術用語を、実際の展示物とともに解説してくれるという、なかなかに面白みのある展示でございました♪

時間の都合もあり、それほどじっくり滞在することができなかったのですが、普段なんとなくのまま受け止めていた美術用語を、わかり易く学ぶことができましたし、興味のある方にはとても楽しい展覧会かと^^

その後は新橋演舞場にて市川海老蔵の「慙紅葉汗顔見勢(はじもみじあせのかおみせ)三代猿之助四十八撰の内 伊達の十役(だてのじゅうやく)」

を観劇して参りました♪

慙紅葉汗顔見勢ともありますように、市川海老蔵が恥も外聞もなく、紅葉のように顔を真っ赤にして大汗をかき、早替りで十役を演じる、見所満載な演目でございました^^

超人的とも言える早替りは然ることながら、宙乗りや屋体崩しも大迫力で魅せてくれ、またひとつ歌舞伎の楽しさに触れることができたかなと。

海老蔵氏の立ち振舞いは見事であり、特に悪役の仁木弾正は恰好良いの一言に尽きました。

人気があるのにも頷ける、圧倒的なオーラが感じられましたし、お話の内容や脇を固める役者さんの演技も素晴らしく、非常に有意義な時間を過ごすことが出来たかなと^^

市川海老蔵氏もそうですが、歌舞伎界の若手人気役者と呼ばれる方は三十代にしてあれほどの多くの人達に感動と笑顔をもたらすことができているんだなと思うと、自分ももっとがんばろうという活力が湧いて参ります!

楽しいだけで満足すること無く、こうした様々な機会から積極的に刺激をもらい、自分自身の成長に繋げていけたらなと強く感じた次第でございます^^

それでは、本日はこの辺で・・・。

皆様、良い夜を!

Donna Lee 渡部